サイト売買仲介会社の手数料が高い

誕生して日が浅いので、暗中模索の部分がある

インターネットを駆使した商取引や情報発信が巨額の収益に繋がる可能性を有していることからWEBサイトそのものを売買対象にする取引が行われるようになりました。アクセス数や会員数・検索結果やランキングなどWEBサイトのもつ資産価値を決定づける要素は様々で、日々変動する不確定な部分はあるものの、優良なサイトには相応の経済的交換価値があると考えるのは妥当です。しかし一般の有形の動産などを販売するわけではなく、あくまでデータ等のやり取りに終始するので、どの段階においても高度に専門的知識やスキルが必要になります。このような事象を背景にしてサイトM&Aを専門に取扱う事業者が登場しています。問題は手数料が比較的高く設定されている場合が多いことにあります。

個人間で円滑に売買をするのは実は難しい

コストをかけないでWEBサイトの売買、つまりサイトM&Aを行うことにこだわるのであれば、直接買主なり売主なりと連絡を取り合って売買契約の締結からサイトの納品や検証までをすべて直接相対して取引を行う方法があります。しかし一般的な商取引と異なって、いざ取引が成立してもデータのやり取りに困ると言った事態に直面することになります。もちろんデータだけを先に渡した途端に買主と連絡が取れなくなったなどの事態も警戒すべき事象です。そこで安全な取引の為には多少の手数料の負担を感受してでも専門の仲介業者に利用するのが賢明です。仲介業者では売買が成立しデータの検証などがすべて確認された時点で決済が実行される「エスクローサービス」を利用できるからです。